歯を抜いた後の治療方法|入れ歯を使った治療の特徴

3人家族

治療前の検査

治療

歯科クリニックでインプラントの治療を受けようと考えているのであれば、治療前に行なう歯の状態を知るためには必要不可欠な検査項目などを知っておくといいでしょう。アレルギーなどを持っている場合は、治療前に伝える必要があります。

View Detail

歯の被せ物

歯科

歯を治療するときに行なう被せ物は2種類あるので、どんな種類があるのか大阪市の歯科クリニックで事前に調べておくといいでしょう。それぞれ費用や特徴が違うので、事前に確認しておきましょう。

View Detail

抜歯後の治療法

歯みがきをする女性

歯を抜いた後に放置してしまうと、インプラントなどをしたいと思っても出来ない時があります。そうならないためにも抜歯した後も歯を入れる治療を行なうようにしましょう。抜歯後の治療方法は部分入れ歯とブリッジが一般的でしょう。ただ、名前だけ聞いてもどんな違いがあるのかわからないので、それぞれの特徴を知っておくべきです。
入れ歯は、よくご年配の方がしているのを見かけますが、自分にあった人工の歯と歯茎を作りそれを装着する方法です。歯が全く無い人は部分的に入れても意味が無いので、総入れ歯を装着し、部分的に歯がない人は部分入れ歯をつけることになるでしょう。この入れ歯の最大のメリットは取り外しが簡単にできるという点です。取り外しができることによって、歯磨きの際に汚れを簡単に落とすことができ、歯石などの汚れを付着しにくくできるでしょう。また、入れ歯を作るときに自分の歯型を取り、まわりの歯のバランスを考えて作成しますが、健康な歯を削らなくていい利点があります。

ブリッジの場合は、固定して行なうために取り外しができません。そのため、歯をグラグラさせず安定して食べ物を噛むことができるでしょう。また、人工歯の見た目も自分の歯と違和感がないように作られているので、他人の目も気にすることがないです。しかし、この治療を行なうには隣の歯を削らなくてはなりませんし、固定するために土台となる歯が必要になります。また、物が歯の間に詰まりやすいといった欠点があります。抜歯した後に行なう治療はどちらが自分にとっていいのか、生活習慣なども踏まえて医師と相談しながら考えるようにしましょう。

ケアの重要性

治療

名古屋の歯科クリニックでインプラントの治療を受けた時は、定期的にメンテナンスをすることが大切になります。メンテナンスがなぜ重要なのかを知り、インプラントを綺麗に長く保つように心がけましょう。

View Detail